患者目線での治療|人工透析患者が増える理由|専門医の指示に従うのが吉

人工透析患者が増える理由|専門医の指示に従うのが吉

患者目線での治療

腹痛

内視鏡による検査

大腸がんは近年の日本で非常に増加しているがんです。これは食事が肉類が多くなったのに対して野菜を摂取する量が少なくなっていることが関係しています。自身の食事内容が肉類に偏っている場合は定期健診を受けることをおすすめします。最初に便を調べて陽性か陰性かを判定して陽性反応が出ればさらに詳しい検査に進みます。この時点ではまだ疑いがあるだけでがんとは特定されません。最新の精密検査では内視鏡による検査が行われます。これは小型のカメラが付いた棒状のものを肛門から挿入してモニターで大腸を大きく映し出します。がんだけでなく小さな腫瘍も発見できますので、非常に優れた検査方法です。大腸がんの有無を調べるのに約15分から25分程度かかります。

放射線療法による治療

精密検査を受けて大腸がんが発見された場合は治療を受ける必要がありますが、高齢者であったり身体が弱い人の場合は切除方法は行われません。もちろん、がんが小さい場合は身体の負担がかかりにくい内視鏡による手術が行われます。しかし、開腹手術が必要な程がんが広がっている場合は別の治療法が適用されます。たとえば、そのような治療法として放射線療法があります。これはX線をがん細胞に照射することで破壊するという治療法です。放射線なので切開する必要はなく身体の外側から照射するだけで構いません。きちんとがん細胞にまで到達します。これは切除ができない大腸がんにも行われる場合があります。日本ではあまり行われていませんが海外では数多くの症例件数があります。