若い人に多い病気|人工透析患者が増える理由|専門医の指示に従うのが吉

人工透析患者が増える理由|専門医の指示に従うのが吉

若い人に多い病気

手

骨のがん

骨肉腫とは、骨にできるガンです。比較的若い人になりやすく、10代や20代に多く見られる症状です。骨に出来た肉腫が骨を作るため、悪性腫瘍が骨に変化してしまい悪化します。骨肉腫ができやすい部位は膝周辺が多く、他に股関節や肩の関節などにも多少発生します。骨肉腫ができる原因はまだはっきりとは解明されていません。初期症状があまりないために、発見が難しい病気です。骨肉腫の初期の症状はほとんど痛みなどもなく、少しずつ症状が進むたびに軽い痛みや腫れが起こります。それでも筋肉痛に間違えることもあり、発見が非常に難しい病気とされています。しかし、しだいに症状が悪化していくと、骨の痛みを感じるようになります。早期に整形外科などを受診することが大切です。

少しの異変にも対処する

骨肉腫が進むと骨の痛みや関節の痛みを感じるようになります。患部である膝や肩・股関節などがズキズキと痛みます。さらに進行して腫瘍が他部に転移してしまうと、腰や背中などが痛み、脊髄からの転移により手足のしびれや麻痺を感じるようになってゆきます。他に、腫れや患部の熱感・関節の曲げ伸ばしができにくくなる・骨折してしまうという症状が現れます。少しでも痛みや腫れを見つけた場合は、すみやかに整形外科を受診しましょう。レントゲンや血液検査・CT検査・MRI検査・骨シンチグラフィー検査などを行い、病気の発見ができます。骨肉腫が見つかった場合は、抗がん剤治療をすることになります。骨肉腫は早期発見で治る可能性がありますので、あきらめずすぐに受診して検査することが大切です。